アフィリエイト手法を学んでいこう

これからアフィリエイトの方法について少しずつ説明しています。
どんな方法を選ぶか、それはとっても重要なことです。
これから始めるアフィリエイトの選ぶ基準を伝えることができればと思っています。

ただ最初に言っておきたいのは「●●アフィリエイトだから稼げる」という話には飛びつかないようにしてほしいことです。
ブログやメルマガを見ていると、いろんなところでこんなことが言われています。

「これからは●●だ」
「今は●●だ」

「●●という方法が儲かる」という視点ではなくて、あなたがストレス無くできる方法を選ぶべきだと思うのです。

いろいろな方法には流行があります。
「今はこれが一番」というものは、いつの時代にもあります。

だからといって、それ以外の方法が駄目というわけではありません。
続きを読む

SEOのために meta keywords を勉強する

アフィリエイトで報酬を得るためには、お客さんが来てくれないといけません。
そのお客さんの多くは、検索エンジンからやってくることが多いのです。

そこで、少しでも検索結果が上位に表示されるように対策をします。
検索エンジンのために最適化することをSEOといいます。

SEO(Search Engine Optimization)

いろいろ方法があるのですが、その中でHTML内の<head>情報も重要な要素と言われています。
調べるほどになんだかいろんな意見が…
keywordsは、効果がある、効果がない、一応書いておけ、などいろいろ言われています。

で、結局どうなの?

ということが気になったので調べてみました。
続きを読む

アフィリエイトを分類してみる(方法の種類)

アフィリエイトにはさまざまな商品の種類がありました。(前回記事)

同じようにアフィリエイトの方法にもいろいろあります。
商品と方法がマッチしていないと、効率的に報酬を得ることができませんからね。
結構重要なことなのです。

それと意外に自分が今やっている方法以外は「知らない」という理由で手をつけないことが多いんですね。
もしかすると「まだ試していない方法が、あなたにピッタリ」なんてことがあるかもしれません。

ここでは「方法の分類」を大雑把に説明します。
細かくは個別の記事で紹介したいと思います。

ではざっくりと分類してみましょう。

  • ブログアフィリエイト
  • サイトアフィリエイト
  • メルマガアフィリエイト
  • PPCアフィリエイト

それでは簡単に説明しますね。

「ブログアフィリエイト」は、ブログサービスを使って商品情報を公開します。
更新頻度が高く、どちらかというと日記の中で商品を紹介するという使い方をします。
もっとも、次に説明する「サイトアフィリエイト」と代理として使う場合もあります。
紹介のための記事を書くことが簡単なので初心者から使うことができます。

「サイトアフィリエイト」は、1ページごとに作り上げるタイプです。
完全な作り込みであり、自由にデザインもできるので、長期に販売するときに有利です。
またSEO(検索エンジン対策)に有利と言われています。
ただ技術的なハードルが高いので、片手間でアフィリエイトする程度ではサイトアフィリエイトをするのは、なかなか難しいかも知れません。

「メルマガアフィリエイト」は、メールマガジンを使って行うアフィリエイトです。
ブログやサイトが「待ち」のアフィリエイトに対して、メルマガは「飛び込み」と言えます。
メルマガ読者に直接情報を伝えることができます。
あなたのメルマガを読みたいと思って登録した人たちですから、アフィリエイト商品の紹介による効果も高く、報酬も上がりやすくなります。
その反面、メルマガ登録者を集めるのが大変です。
メルマガ登録者のことを「リスト」と呼ぶことがあります。

「PPCアフィリエイト」は、広告を使ってアフィリエイトしているページに誘導して商品を買ってもらう方法です。
PPCには、主にオーバーチュア(yahoo)やアドワーズ(google)があります。
yahooやgoogleで検索すると上部やサイドに広告が表示されますね。あれです。
あの場所に広告を出して集客をするのです。
アフィリエイト自体が成功報酬型の広告なのですが、広告をだして人を集めるんです。
他の方法が経費無しなのに対して、PPCアフィリエイトは経費が伴います。
広告費をかけてアフィリエイトするのは、報酬が広告費を上回って利益が出るからなんですね。

さて、ここでは簡単な説明でしたので、個別に詳しく説明していきます。

アフィリエイトを分類してみる(商品の種類)

個人が広告を表示して利益を得られるアフィリエイト。

でも、一言でアフィリエイトと言っても、いろいろと分類することができます。
それぞれにメリット・デメリットがあるし、方法も異なってきます。

まず、商品の種類から見てみましょう。主に3つあります。

  • 物販
  • 無料登録
  • 情報

「物販」は化粧品や食料品など、楽天市場で大量に取り扱われているような商品ですね。
取扱商品は数知れずです。逆に、売れる商品を見つけ出すことがポイントになります。

「無料登録」とは、お試しの登録、資料請求登録など、基本的にお金は掛からないものです。
お客さんはお金をかけていないのに、登録によって紹介者には報酬が発生します。

広告主は最初は無料でも最終的に商品の購入や有料会員への登録するように導くのです。
だから、利益は出ていないのにアフィリエイト報酬を支払うのですね。

「情報」とは、情報商材と言われることもあります。
物販と違って、材料費などのコストがほぼゼロです。その上、高額な商品が多い。
そのため、アフィリエイトの報酬も物販・無料登録よりも遙かに高くなっています。
1つの商品の紹介で報酬5,000円以上というものはたくさんあります。
その反面、物販のような形がないですから、お客さんを納得させるのは大変です。
報酬は高いが、ハードルも高い。というところでしょうか。

商品のタイプを見るだけでも3つに分類することができました。
それぞれに適したノウハウが違いので注意してください。

さて、今度はアフィリエイトの仕方について分類してみようと思います。

お小遣い稼ぎ・副業のためのアフィリエイト

このサイトに訪問してくださる方は「アフィリエイト」がどういう意味かはご存知だと思います。

でももしかすると、「お小遣い稼ぎ」「副業」などのキーワードで訪問された方はまだ「どんなのだろう」という思いがあるかも知れません。
そこでものすごく簡単ですが、アフィリエイトについて説明をしておきます。

アフィリエイト(affiliate)とは、「提携する」という意味が含まれています。
つまりは、広告主と提携して商品を紹介する。商品が売れれば、報酬が入る。という仕組みです。

他の広告媒体、新聞の折り込み広告、テレビのCM、雑誌の広告と違う点は「成功報酬型」という点です。

折り込み広告、テレビのCMでは、「広告を出す」という時点で広告費が発生します。
ところが成功報酬型の広告であるアフィリエイトは、「広告を出す時点では無料、商品が売れたら広告費が発生」→「紹介者に報酬が発生」ということでとても効率的な広告システムなんですね。

広告を出す側にとっては、「利益が出たら、報酬を払う(広告費が発生する)」のでリスクが少ないのです。

アフィリエイトが登場した頃、急激に広まりました。
でもすぐに「アフィリエイトで稼ぐのは難しい」ということが言われるようになって、あまり目立たなくなったんです。
でもアフィリエイト以上に広告主にとってリスクが少なく、個人にとって参加しやすく、全体で見て効率的な広告システムは、いまのところありません。
今後もしばらくは出てこないだろうと思います。

つまりは、個人がお金を稼ぐことに参入するにはアフィリエイトが最適なんです。

さて、アフィリエイトという一つの広告システムですが、実はもう少し細分化する必要があります。
今度そのことを書きたいと思います。