戦略的成長のための活動シーケンス

何だか難しそうなタイトルですね。
マクドナルドの原田社長の戦略が「すごいな~」と思ったので紹介。
これって、ビジネスやアフィリエイトにも生かせるんじゃないか~と思って。

マクドナルドは120円プレミアムローストコーヒーを目当てによく利用しています。
無線LANが利用(BBモバイル)できる店舗が多いので、ノートパソコンを持ち込み、おわかり自由なコーヒーを飲んでノンビリとした時間を過ごしています。
しかし、少し前はちょっと違っていました…。

マクドナルドは2000年にハンバーガー1個65円まで下げて、多くのお客さんを獲得しました。
しかし、薄利多売のためにハンバーガーの質はドンドン低下。
食材は同じかも知れませんが、作りが雑すぎて、見た目で食欲がなくなるほどでしたから。
売上は伸びた。だけど、利益は下がり、赤字店舗が多く出たそうです。
「安いハンバーガーと言えば、マクドナルド」「まずいハンバーガーと言えばマクドナルド」
そんな共通認識ができたころでした。

しかし、今では「ちょっとした高級感」もある程ですね。
「安くてまずいハンバーガー」のマクドナルドが、どうやって復活してきたのか…。

続きを読む

「時は金なり」の別な側面「時間はお金になる」

「時は金なり」 英語の time is money を直訳したものです。
ベンジェミン・フランクリンの言葉ですが、効率や合理的な考え方を好むアメリカの意識をよく表しています。

一般的に「時は金なり「time is money」は「時間はお金のように貴重ものだから、無駄にするな」という意味で使われます。

しかし、もう一つの側面を見いだすことができます。それが…

時間はお金になる

ということです。 続きを読む